小田原ハリストス正教会 正教会とは

正教会とは

正教会はオーソドックス教会とも呼ばれます。
その語源はギリシア語で、「オルソ(正しい)と「ドクサ(教え・讃美)」に由来します。
「教え」としては、キリスト教初代(キリストの十二弟子)からの教えを今日に伝え、「讃美」としては、初代から培われてきた祈りの伝統を今日に受け継ぐという意味です。

日本では「東方正教会」、「ギリシア正教会」、あるいは「ロシア正教会」と呼ばれることもありますが、名称の如何にかかわらず、正教会では『神との交わりである祈りこそが人生のいかなる困難にも負けず、強く生きて行くための力である』という考えにもとづいて、祈りを最も大切にしています。
ギリシア・ビザンチンにおいて成熟した正教信仰は、19世紀半ば「亜使徒日本の大主教聖ニコライ」の布教によってロシアから日本に伝えられました。
現在、日本の正教会(宗教法人「日本ハリストス正教会教団」)の総本山は、神田御茶ノ水にある「東京復活大聖堂(ニコライ堂)」です。

>> 詳しくは「日本正教会」サイトへ                         >>「ニコライ堂についてはこちらから」